ビタミンD欠乏症の19の兆候

HA Staff - August 8, 2023
Share

症状が現れる前から、体に必要なビタミンやミネラルが不足している可能性があるという事実を認識しておくことが重要です。このような状況は、食生活の乱れが原因です。ジャンクフードが果物や野菜に代わっているからです。この問題を詳しく分析すると、ジャンクフードの安さが人気を高めていることがわかりました。さらに、ファストフードは自然食品よりもはるかに知られていて、これは発展途上国と先進国の両方で大きな問題になっています。

ビタミンDは食品よりも日光によって体内で生成されることが多いのですが、ビタミンD欠乏症はかなり一般的な問題です。ビタミンD欠乏症の原因は、栄養不足の場合もあれば、腎臓病やホルモンのバランスの乱れ、ビタミンD受容体の異常などの基礎的な疾患の場合もあります。そのため、サプリメントで改善しない人は、他の可能性を検査する必要があります。

日光がほとんど当たらない地域に住んでいる人や、アパートが密集する地域に住んでいる人は、血液中のビタミンDの適正な量が不足している可能性が高くなります。日光を長時間浴びる必要はありません。朝の日差しを10〜15分間、手や顔や足などの露出部分に当てるだけで十分です。

1. 原因不明の痛みやうずきがある

10 Signs of Vitamin D Deficiency aches and pains

ビタミンDは、骨にとって重要な栄養素です。この栄養素は、骨を形成する材料であるカルシウムとリンという二つのミネラルの血液中の濃度を調節するからです。この2つのミネラルは、筋肉の働きを正常に保つためにも必要です。

血液中のビタミンDが不足すると、骨が弱く柔らかくなります。この状態になった赤ちゃんは、「くる病」と呼ばれる悲しい結果を迎えるかもしれません。くる病の赤ちゃんは、骨を作るカルシウムとリンの血液中の量が低くなっているため、足の骨が「曲がって」しまいます。また、手首や肋骨などの骨の両端がすり減ってしまいます(これはレントゲンで重要な診断ポイントになります)。

血液中のビタミンD濃度が低い人は、太ももや上腕二頭筋などの筋肉に痛みを感じることがあります。これはカルシウムの血液中の濃度がコントロールされなくなり、筋肉の収縮がうまくいかなくなるためです。このような人は、座っていた姿勢から立ち上がったり、重いものを持ったりするのが困難になることが多いです。

2. 額に汗をかく

10 Signs of Vitamin D Deficiency head sweats

赤ちゃんが額によく汗をかく場合は、ビタミンD不足の強い指標となります。額から汗が滴り落ちるような状態、頻繁に汗をかく状態は、注意すべき症状で無視してはいけません。

ずっと額に汗をかくことは、この病気の特別な症状ではなく、甲状腺機能亢進症などの他の病気でも起こります。赤ちゃんにそのような症状が見られたら、ビタミンD不足の他の兆候もチェックする必要があります。また、母親は子供を厚手の服で長時間包みすぎていないかどうか確認してください。

血中のビタミンD濃度が低下するというこの奇妙な症状は、マイケル・ホリック博士が何度も指摘していることです。汗をかきすぎる場合は、ビタミンDが不足しているのかもしれません。

10 Signs of Vitamin D Deficiency catch infections

3. 感染症にかかりやすい

血中のビタミンD濃度が不足すると、骨や筋肉だけでなく免疫システムにも悪影響が出ます。ビタミンDは、感染症と戦うために必要な二つの重要な機能を低下させます。一つは、炎症を抑えることです。もう一つは、免疫細胞を活性化することで、特定の病原体に対応するだけではなく、さまざまな種類の感染症に対応できるようにします。

ビタミンDが不足すると、呼吸器感染症にかかりやすくなります。ビタミンD欠乏症の人がインフルエンザや風邪になりやすいのはこのためです。逆に、慢性的な炎症の状態もビタミンDの不足を引き起こします。

風邪をひきやすいと感じたら、ビタミンDの血液中の量が足りているかどうか、他の兆候やリスクもチェックしてみてください。血中のビタミンD濃度が十分な人は、関節リウマチや1型糖尿病、多発性硬化症などの病気になる確率が低いことが研究で分かっています。

4. 慢性腎臓病である

10 Signs of Vitamin D Deficiency chronic kidney disease

前述した通り、「慢性腎臓病」などの特定の病気は、血液中のビタミンD欠乏症を引き起こす可能性があります。これは、私たちの皮膚が日光から吸収するビタミンDは活性化されていないからです。腎臓にある酵素がビタミンDを活性化する働きをしており、ビタミンDが効果を発揮できるようになります。

ビタミンDの活性化された形は、腎臓でカルシウムとリンの吸収をコントロールします。カルシウムとリンの血液中の濃度が高くなると、「副甲状腺ホルモン」というホルモンが出て、骨にこれらのミネラルを取り込ませます。慢性腎臓病を長く患っている人は、ビタミンDの血液中の量を測ってもらうことが多いです。これは、腎臓が機能不全になると、ビタミンDを活性化することができなくなるからです。

慢性腎臓病は、多くの要因が重なって起こることがあります。その中でも最も一般的なのは、ウイルス感染の後遺症や尿路結石形成による長期の閉塞です。また、糖尿病や高血圧などの合併症がある人は、腎臓病になりやすいです。

このような患者の場合、ビタミンD受容体が正常に働いているかどうかを調べます。もし正常に働いているなら、ビタミンD不足を解消するためにビタミンDを補う薬が処方されます。

10 Signs of Vitamin D Deficiency darker skin

5. 肌が黒い…

ビタミンDは皮膚の色素を作るのにも必要です。この色素は、皮膚細胞をがんや日焼けから守るのにとても役立ちます。体内のビタミンD濃度が十分でないと、色素の生成にも影響が出ます。

一般的には、夏の終わりには60~70nmol/L、冬の終わりには50nmol/L以上のビタミンDが必要とされています。無症状であれば、ビタミンD欠乏症を見つけるのは難しいです。しかし、症状が出ている場合は問題であり、早急な対処が必要です。

皮膚の色が濃い人は太陽光からビタミンDを十分に吸収できないことがあるため、ビタミンDが不足するリスクが高くなります。また、ビタミンD不足と関連する病気である心臓血管病や糖尿病や皮膚がんなども、色黒の人に多く見られます

色の濃い人は、太陽光に当たる時間を考えるだけでなく、ビタミンDが豊富な食べ物も積極的に取り入れる必要があります。

6. 気分の落ち込みに悩んでいる

vitamin d low mood

骨や筋肉や皮膚に続いて、中枢神経系もビタミンDの血液中の量に左右されます。ビタミンDが不足すると、「気分の低下」などのさまざまな症状がよく起こります。これは、ビタミンDには気分を高める効果があるので、ビタミンDが不足すると「気分の低下」が起こりやすくなるためと考えられる。

セロトニンというホルモンは、人の体と心をリラックスさせるのに役立ちます。このホルモンは、血液中にビタミンDが十分にあると作られることがわかっています。しかし、ビタミンDが不足すると、セロトニンの量も減ってしまいます。脳内のセロトニンレベルの低下はうつ病と関係が高くあり、うつ病の主な症状は「気分の落ち込み」である。

うつ病は、社会的なストレスや精神的な疲労だけでなく、栄養のバランスも影響することを知っておく必要があります。ビタミンDが不足すると、気分が落ちやすくなります。これは、冬になると気分が暗くなる理由の一つかもしれません。逆に、日光に当たると、気分が明るくなったり、前向きになったりすることがあります。

1日のビタミンD摂取量の安全な上限は10,000I.U.であり、それ以下だと関連症状が出やすくなります。

女性の皆さん!PMS期間中に気分の落ち込みが増えるようなら、体内の栄養不足、特にビタミンD不足に関連する症状の検査を受けてみるといいかもしれません。

10 Signs of Vitamin D Deficiency weak muscles

7. 筋力が弱い

近位筋とは、上腕二頭筋や大腿四頭筋のように、体の中心部に近い位置にある筋肉のことです。これらの筋肉は、「動きを始める」のに重要な役割を果たしており、その大きさで目立ちます。

そのため、収縮には血液中のカルシウムイオンが大量に必要となる。カルシウムが不足すると、このメカニズムに大きな支障をきたす。カルシウム欠乏症は多くの病態で起こりますが、そのひとつが体内のビタミンDレベルの不足です。

カルシウムやビタミンDが足りないと、筋肉が痛んだり、弱ったりすることが多くなります。以前と比べて、疲れやすくなったり、重いものを持ったり、動いたりするのが困難になったりすることもあります。カルシウムが不足すると、筋肉の症状が目立ちますが、ビタミンDが不足するとそれ以上に筋肉に影響します。

カルシウムを含む食事をとるだけでなく、ビタミンDもしっかり摂ることが大切です。ビタミンDは、太陽光から作られますが、適切に日光に当たる機会が少なかったり、血液中のビタミンDの量が低かったりする場合は、サプリメントで補うこともできます。医師に相談して適切な量や期間を決めてもらいましょう。

8. 太っている

10 Signs of Vitamin D Deficiency overweight

ビタミンD欠乏症は望ましくない状態ですが、避けることができない場合もあります。体内のビタミンDが不足すると、体重が増えやすくなることがあります。なので、食事に気を付けていても体重が増える場合は、その食事に必要な栄養素がすべて含まれているかどうかを確認する必要があります。

65歳以上の女性4,600人を対象にした研究で、ビタミンDレベルが低い被験者は、正常な被験者に比べて体重が約1キログラム多く増加したことが分かりました。

ビタミンDの低下と体重増加の関係については、American Journal of Clinical Nutritionに掲載された別の研究も参考になります。この研究では、減量のために食事と運動を行い、ビタミンDサプリメントも摂取した被験者が、サプリメントを摂取しなかった被験者よりも体重や体脂肪率の減少が顕著であったことがわかりました。

研究によると、ビタミンDレベルが低いとインスリン抵抗性や肥満のリスクが高まることが分かっています。

10 Signs of Vitamin D Deficiency digestive issues

9. 消化器系に問題

腸の病気はビタミンDを食事から吸収できなくなることで、体内にビタミンDが不足する原因になることがあります。腸は、ビタミンDの吸収に欠かせない器官です。ビタミンDは、栄養素やビタミンというよりは「ホルモン」と呼ぶべき物質で、体内で色々な機能を果たしています。ビタミンDの欠乏は、消化不良をはじめとする多くの病気や障害が起こる可能性があります。

私たちの腸にはビタミンD受容体がたくさんあります。このホルモンは、膵臓細胞によるインスリンの生成にも関係していて、ビタミンDが不足するとインスリン依存性糖尿病のリスクが高まるのはこのためかもしれません。インスリンは、肝臓や筋肉細胞によるグルコースやアミノ酸の吸収に重要な役割を果たしています。

ビタミンDが不足すると、胃が食べ物を消化する速度が遅くなり、膨満感などの不快な症状が出ることがあります。なので、ビタミンDを含んだ食事をとることが大切です。

10. 50歳以上の方

10 Signs of Vitamin D Deficiency older than 50

老化がビタミンD欠乏症の原因ではないことは確かですが、慢性腎臓病と同じように、年をとるとビタミンDを作る能力が低下します。高齢者がビタミンDを不足しがちなのは、食事量の減少、日光に当たる機会の減少(運動不足になりやすいため)、皮膚の老化、腸の働きの悪化、肝臓や腎臓の機能の衰えなど、色々な理由があります。

高齢者はビタミンD欠乏症になりやすいので、症状が見られたら早めに診断と治療を受けることが大切です。

skin problems

11. 皮膚トラブル

皮膚のトラブルは、ビタミンAが足りないと起こる典型的な症状ですが、ビタミンDも同じように大切です。

ビタミンDは皮膚の健康にとって重要なホルモンです。乾癬などの皮膚炎は、ビタミンDを含むクリームで治療することができます。ビタミンDは、皮膚の炎症や細胞分裂を抑える働きがあります。さらに、にきびのような一般的な症状や湿疹のような重度の症状にも、ビタミンD配合の外用剤が使用されています。

12. 髪や頭皮の変化

hair scalp changes

ビタミンDは皮膚の健康に影響するので、髪や頭皮もビタミンDが不足すると問題が起こりやすくなります。研究では、女性の薄毛の原因の一部にビタミンD欠乏が関係していることが分かっています。

H. ラシード氏とE. ハムディ氏をはじめとするカイロ大学の研究チームは、女性型脱毛症(FPHL)や休止期脱毛症(TE)に悩む女性の血液中のフェリチンとビタミンDの量を調査しました。その結果、どちらの症状でもビタミンDの量は正常な女性よりも低いことが分かりました。

night blindness eye changes

13. 認知機能の低下

最近の研究で、ビタミンDの低レベルが認知機能の低下と関連していることが分かりました。ビタミンDは、血管を炎症から守るホルモンとして働きます。血管が悪くなると脳に酸素や栄養が届きにくくなり、記憶力や判断力などに影響が出ると考えられています。

血管が悪くなると、認知機能が低下したり認知症などの病気にかかりやすくなったりします。この研究では、ビタミンDが血管を守るホルモンとして働くことが分かりました。ビタミンDを補うことで、認知機能の低下や認知症の予防に役立つ可能性があります。

研究で、認知機能が低い人ほど血中のビタミンD濃度が低いことが実証されています。

14. 夜盲症と目の変化

night blindness eye changes

ビタミンDはビタミンAと同じくらい、目の健康に必要な栄養素です。血液中のビタミンDの量が適切だと、視力も良くなるということを知っていましたか?ビタミンDは目の血管を含めた全身の血管を炎症から守るホルモンとして働きます。炎症が起こると、視神経や網膜などの目の組織にダメージを与えて、視力の低下や失明の原因になることがあります。

研究でラットにビタミンDを与えると、網膜の炎症が減少し、視力が回復することが分かりました。

thrush

15. 鵝口瘡(がこうそう)

カンジダ感染症はよくある病気で、特に女性は膣にカビが繁殖することが多いです。口の中にカビが繁殖する場合は、カンジダ症と呼ばれます。この病気は、子どもや高齢者など、免疫力が低い人に多く見られます。

ビタミンDは、「カテリシジン」という抗菌物質を作るのに必要なホルモンで、カンジダ菌などの病原菌を殺す働きがあります。最近の研究で、カンジダ症や他の酵母感染症にかかっている人は、ビタミンDのレベルが低いことが分かりました。ビタミンDが不足するとカテリシジンの量も減って、感染に対抗できなくなると考えられています。

16. 傷の治りが遅い

slow wound healing

傷がなかなか治らないときは、栄養が足りないせいかもしれません。栄養不足と傷の治癒には、ビタミンKやビタミンAが関係していることがよく知られています。しかし、ビタミンDも傷の治り方に重要な役割があることはあまり知られていません。

傷ができると、ビタミンDがたくさん使われることが研究で分かりました。傷がなかなか治らないと、ビタミンDが不足する恐れがあります。

fingernail changes

17. 爪の変化

ビタミンDが足りないと、カルシウムも吸収できなくなります。カルシウムは爪を丈夫にするのに必要な栄養素です。カルシウムが不足すると、爪がやわらかくなったり変形したりすることがあります。爪が剥がれたりひび割れたりするのも、ビタミンD不足のせいかもしれません。

18. 口の痛み

reproductive problems

口内炎や歯の痛みや歯肉炎などはすべてビタミンD欠乏症で起こりやすいです。ビタミンDの減少はカルシウムの減少に等しく、最終的には歯の質に影響を与えます。さらに、ビタミンDは体内で抗炎症作用や抗菌作用を発揮するため、口内炎やその他の感染性の口腔疾患が起こりやすく、程度の差はあれ、口腔内に痛みを生じることがああります。

19. 生殖に関する問題

reproductive problems

ビタミンD不足は、生殖に関する問題を引き起こす可能性があります。これは、ビタミンDがコレステロールの生成に必要なホルモンだからです。コレステロールは、男性ホルモンや女性ホルモンなどの性ホルモンの核となる成分です。ビタミンDが不足するとコレステロールも足りなくなり、性ホルモンのバランスが崩れます。

Advertisement
Advertisement